MENU

(学生必見)台湾台北にある勉強ができる安いチェーン店7選!(2023年6月)200円以内でコーヒーが飲めるカフェ?!

台湾はカフェ文化が発展しており、街中におしゃれな個人経営のカフェがたくさんあります。店外にはテラス席、店中には趣のある椅子や照明が置かれていて、いかにも人生で最高の一杯をいただける雰囲気を醸し出しています。

そのため読書をする、YouTubeをスマホで見るには最適かもしれませんが、勉強をする、仕事をするには向いていません。勉強がしやすい椅子や机ではなく、深く腰掛けて、本を読んだり、スマホをいじったりするのに最適な椅子が設置されています。

そこで、勉強のしやすい、台北にあるチェーン店について、価格や環境などをお伝えしたいと思います

Yuta
台湾に留学経験ありの筆者が教えます!

この記事でわかること

  • ルイサカフェが最強
  • コーヒー最安値は85度
  • マックはコーヒー以外なら最安値でサイズも大きい。
目次

Louisa coffee(路易莎咖啡)

緑茶・紅茶35元〜
アイスコーヒー45元〜

Louisa cafeは台湾の有名コーヒーチェーン店です。ここでは、快適に過ごせるフリーWi-Fiが無料で利用でき、スピードも申し分ないです。その上、お手頃な価格で豊富な軽食を楽しむことができます。

今月中旬までの期間限定で、2杯目が無料になるキャンペーンも実施中です(6月中旬)。

勉強をしたい人々にとってはまさに理想の場所であり、常に賑わっています。広々とした店内にはたくさんの席が用意されているため、常に席が空いています。

しかし、やはり人気チェーン店であるため、いつでも賑わっています。店舗によっては、パソコン仕事をするための部屋や場所が用意されており、静かな空間を提供できるようにしている店舗もあります。

コンセントがある店舗、ある席が席数に対して少ない印象があります。

Louisa cafeは気軽に友達と行ける手軽さが魅力のお店です!

↓メニューが載っているブログです!

85度C

コーヒー39元。

85度Cは、台湾発祥のケーキ&パンのチェーン店です。

その魅力はなんといっても豊富なケーキの種類!Wi-Fiやコンセントはないけど、そんなことは気にならないくらい、美味しいケーキに夢中になります。勉強するためのデザインされたお店ではないですが、ちょっとした勉強や暗記にはぴったりなお店です!

ゆったりとした時間を過ごせる店内は快適で、美味しいケーキも食べることができることから、集中力もアップすること間違い無しです!

85度で美味しいケーキを食べながら、のんびりと知識を吸収してみてはどうでしょうか!

Cama cafe

烏龍茶35元〜、コーヒー55元

Camacafeは、テイクアウトが主体のコーヒーチェーン店です。通常、店内の席数は非常に限られており(約2席程度)、勉強には向かないかもしれませんが、松江南京駅周辺にはカフェスタイルの店舗もあります!

このお店の魅力は、なんといってもマスコットキャラクターの可愛さです!店内の至る所にマスコットキャラクターがいます!店内がおしゃれです!

また、コーヒーの美味しさが際立っております!それもそのはず。テイクアウト専門店から始まったためコーヒーの美味しさはピカイチです。さらに、コーヒー用具も購入することができるため、コーヒー愛好家にとってはまさに楽園と言えるでしょう。

マクドナルド(麥當勞)

コーラ、紅茶33元〜。コーヒー55元〜

マクドナルドは、日本でも非常に親しまれている大手チェーン店です。そのため、見つけやすく、気軽に入店することができます。

特筆すべきは、電子端末を使ったオーダーシステムでの注文や支払いが可能であり、中国語が話せない方でもストレスなくスムーズな購買体験を楽しむことができます。その上、コーラが33元から。日本のMサイズがこの価格です!

店内には広々とした席数が用意されており、長時間滞在するお客様も多く見受けられます。驚くべきことに、勉強や仕事をするためにマクドナルドを利用する人々が日本以上に多いという体感があります。

Wi-Fiが提供されていますが、利用するためには専用アプリへの登録が必要ですので、ご留意ください。また、コンセントの設置はほとんどないため、充電には事前の準備が必要です。

さらに、ドリンクのサイズ展開には日本の中サイズよりも一段大きな「大」サイズがあり、満足感を与えてくれることでしょう。マクドナルドで楽しく食事をしながら、快適な空間で集中して作業や勉強を進めてみてください。

スターバックス

コーヒー75元

スターバックスは台湾でも仕事や勉強に利用する人々は日本と同様に多く、その結果、店舗は常に混雑しています。

Wi-Fiは提供されていますが、コンセントの設置は少ないのが一般的です。

しかし、台北にはおしゃれなスタバの店舗がいくつか存在し、それらを巡るのも素敵な選択です。台湾ならではの独自商品も多く取り揃えられており、新たな発見や面白さを体験することができます。ただし、価格はやや高めですので、予算に留意する必要があります。

ただ、日本とあまり変わりのない環境で、スタバを中心に勉強や仕事をしていた方ならば、台湾のスタバも違和感なく利用できるでしょう。環境に大きな変化を求めず、安心して過ごしたい方にはおすすめです。

イカリコーヒー(ikari)

フルーツティー、紅茶80元〜、コーヒー80元

Ikariコーヒーは、店内にコンセントが備わっており、フリーWi-Fiも提供されています。ただし、Wi-Fiの利用には電話番号の登録が必要となります。

店内ではしっかりと勉強することができます。

さらに、豊富なメニューがあり、ボリュームもたっぷりなので、昼食と勉強を兼ねて利用するのに便利です。この店舗は、ノマドワーカーによく利用される場所として一部で知名度があります。

価格はやや高めですが、その分の価値はあると言えるでしょう!

モスバーガー(摩斯漢堡)

コーラ、紅茶35元〜。コーヒー40元〜。

モスバーガーではコンセントが完備されており、勉強に適した環境が整っています。コンセントのある席はスターバックスと同様にカウンター席となっており、スペースはあまり広くありません。

しかしながら、このお店の素晴らしいところは、手頃な価格でありながら、チェーン店ならではの安心感を提供しているところです。経済的に余裕のない学生の方々に特におすすめできるお店です。

また、お食事も美味しく、台湾にまだ慣れていない方にも良い選択肢となるでしょう。

意外なもっと安い場所?

台湾はコンビニのイートインスペースが日本より規模が大きく、台湾の方々は、イートインコーナーで仲間とお酒を飲んだり、夕ご飯を食べたり、おやつを食べながらスマホをいじっています。1、2時間ほど滞在している人もちらほら。店舗の2階が丸々イートインスペースになっている店舗もあります。

セブンイレブンとファミリーマートが特にイートインスペースが大きいです。

セブンイレブン・・・ホットアメリカンコーヒー25元

ファミリーマート・・・ホットアメリカンコーヒー25元

約100円で飲めちゃいます!筆者も軽く勉強したり、記事を書くときは使わせてもらっています!(1時間未満です)

いかがだったでしょうか。たまにはチェーン店以外のコーヒーでも飲んで、ゆったりとした時間を過ごすのも大事です。台湾×カフェという、また日本×カフェと違った一面を味わうことができるので、いい気分転換になります!

何か質問、間違いがあった場合はコメントにて書き込みをお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

台湾に留学している日本と台湾のハーフが、台湾の知られざる情報を発信!
日本で生まれ育ったため、日本語ネイティブ。日本人向けのサイトです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次